September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

晴れーーーっ!

一週間ぶりに布団干せたぞい!

 

20190712.jpg

 

いやあ 懐かしい太陽のキラキラ日差し。

 

が、熱い!暑い!

 

(顧問・記)

タイタンビカスも

タイタンビカスも開花。

 

20190711.jpg

 

夏の花さんたちが次々咲き始めとります。

早く梅雨明けしてくだされ。

 

(顧問・記)

いつの間にかムクゲの時季

梅雨がだらだら続き一向に夏にならない今日この頃。

気がつくと夏の花ムクゲが次々と花を咲かせてた。

 

この薄紫色のムクゲは植えて年数経ってなかったので剪定一度もせずにいたら花数が少なくなった。

ので、去年ばっさばっさ剪定した。

今年、いっぱい花付けた。

 

20190710.jpg

 

めでたしめでたし。

 

(顧問・記)

祭りの後

七夕飾りの笹。

枝葉は取って、

本体は何かの支柱に使おうとデッキの隅に置いてたら、お犬坂方が持って来て齧って遊んでらっしゃいました。

 

20190709.jpg

 

油断も隙も無い。

 

(顧問・記)

七夕ガム食い競争

去年は土砂崩れ被災翌日でそれどころじゃなかった七夕。

今年は七夕飾り復活。

 

例年、ヒトが飾って片付けてハイ終わり、で、イヌは楽しくも何ともないので、今年は全員参加型にしてみましたー

短冊を上部に、下部にガムいっぱい。

 

20190707-1.jpg

 

まずはクコちゃん。

 

20190707-2.jpg

 

れれれ じっと見るだけ。

気持ちはドッグランで遊ぶ方に行ってて、ガムに反応なし。

ちまらん

 

お次、本打ち登場!

ジン様とク王!

 

「!!ガムがぶらさがっとぉやんけ!!」

 

20190707-3.jpg

 

ジン様、パクっと咥えて、

 

20190707-4.jpg

 

そのまま引きちぎる。

 

20190707-5.jpg

 

で、少し離れた所に持って行き、一心不乱にガムをアニアニ。

 

ク王はというと、

 

20190707-6.jpg

 

「でへへへ うれちいうれちい〜♪」

 

引きちぎろうとはせず、ぶら下がったままのガムをアニアニアニ

 

 

ま、ヒトもイヌも結構楽しめた七夕になりました

来年は何をぶら下げよっかなあ

 

(顧問・記)

土砂崩れ被災から一年

2018年7月6日の西日本豪雨。

夜8時半頃発生した裏山の土砂崩れに遭ってから今日で丸一年。

 

先週日曜日の合同町道草刈りでもらった雑木を、電動丸太ノコで薪にしてるひげでぶ。

 

水害被災一年

 

折れて飛ばされた柱、埋まった井戸、押し潰されて破壊された外柵。

全て復旧して、元通りの生活が送れてる毎日。

 

被災して暫くは片付けや復旧で頭がいっぱいで深く考えなかったけど、あとになって、怖さがひしひしと。

ヒトもイヌも無事でよかったなぁと、つくつく思う。

本当にみんな無事でよかった。

 

いつも通りの、変わらぬ毎日が送れる生活、それが一番だ。

 

ということで、全部切ってキレイにしろよ、ひげでぶ。

 

(顧問・記)

ホタル?

朝10時、デッキの上に。

これホタル?

 

ホタル?

 

そーっと花壇の葉の上に置いてやったけど、生きてたんやろか。

 

(顧問・記)

とりあえずは

昨日、「3日は大雨」と、ニュースで何度も何度も。

夜から雨が結構強く降ってきた。

不安で不安で、サイトやアプリで雨雲の動き(予報)を寝るまで何度も見る。

避難準備もした。

 

そして今日。

午前中まで降ってた雨、午後5時半現在、止んでる。

雷も鳴らなかったし。

とりあえずはココは、今日の大雨は回避されたもよう。

まだ気は抜けないけど。

 

20190703.jpg

 

前線の位置がちょっとずれてたらここでも大雨だった。

何で九州ばっかり。

どうか被害が大きくなりませんように。

 

それにしても崖崩れのトラウマ。

「大雨」の言葉や文字に不安が一気に広がり、気持ちが落ち着かず、心がざわざわする。

 

(顧問・記)

<<back|<234567891011>|next>>
pagetop