April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ジン様がぼぉ〜っと

花を眺めてらした。

 

20190318.jpg

 

じゃなくて。

木こりを追い回し過ぎて疲れ、一休みしてらしたジン様でした。

 

(顧問・記)

日に日に色が

桜(ソメイヨシノ)、ツボミぷっくり。

 

20190317-1.jpg

 

椿

 

20190317-2.jpg

 

雪柳

 

20190317-3.jpg

 

やっぱり春は色があって庭が賑やかになって、いいです。

 

(顧問・記)

完成して初めての

クコ外柵探訪!

 

20190316.jpg

 

「ほおほお ここがこうなってこうなってんだね」

 

と、あちこち探索クコ。

 

(顧問・記)

なんでこんな物を・・・

山に来てすぐのころクズのつるで作ったリース。

引っ掛ける箇所が切れたのでテーブルの上に置いてたのをいつの間にかお犬様が咥えてきて。

ジン様とク王が奪い合いしてらした。

 

20190314-1.jpg

 

ぐちゃぐちゃやん。

 

20190314-2.jpg

 

油断も隙もない。

 

(顧問・記)

やれやれ

外柵工事が終わって静かになって(工事音がうるさいわけじゃなく、犬たちが吠えまくる声が超うるさいのだ!)やれやれ、と思ったのも束の間、入れ替わるように裏山の杉伐採が始まった。

 

木こりに吠えるク王。

  ↓

20190313-1.jpg

 

森林組合、なんと朝6時前からやってくるのだ。

早朝から犬たち吠えまくり。

やれやれだ。

 

崩れた崖の上に立ってた杉が無くなるのは嬉しいけど。

20190313-2.jpg

 

(顧問・記)

門番犬

出来たばかりの外柵の、門の前にジン様。

  ↓

20190312-1.jpg

 

カメラ向けたら気付いて座った。顔はあっちゃ向いたまま。

  ↓

20190312-2.jpg

 

門番犬ジン様。

 

(顧問・記)

外柵完成!もう逢えなくなる・・・

朝一で駐車スペースに生コン入れ。

午後3時、外柵工事、全て完了。

 

1月16日に社長と下見に来てから今日まで、見積りから諸々の話し合い、工事に入ると現場監督として、最初から最後まで色々やってくれた担当者のT君とも今日でお別れ。

 

そのT君が最後の最後、帰る間際、完成した柵と犬たちとの案配を見たいと、「僕が外を歩きますから犬たち出してもらっていいですか」との申し出。

犬たちのために作った柵ですけんね。

「私も見たかったところ!」と、二つ返事でジン様とク王を放牧!

 

血相変えて追っかけてます吠えてます

 

ク王なんか出来たばかりの柵に飛びついてるし!

 

20190311-1.jpg

 

崖の上、手前の桜の後方辺りから畦道が殆ど無い、そこを2頭揃って後足ずり落ちながら吠えてるし!

(後ろク王、前方ジン様)

20190311-2.jpg

 

あいやあ ここは行かんだろう思うてた。

畦道が無いから崖を下りて別んとこへ走って行くやろ、思うてた。

想定外。(-_-;

 

ジン様、ここでも体半分落ちながらの吠えまくり。(-_-;

 

20190311-3.jpg

 

これから通行人が通るたび、この光景が繰り返されるわけ、ですか。

いやはや。

 

担当者のT君、「もうちょっと高くしてもよかったですね」と言ってたけど、これでも十分高さあるけん、大丈夫ですよ!

 

8社も見積りに来てもらった外柵工事。

そのうち半分は見積り持ってこず。

したことなくてできないんだろなあこんな工事。

そうは言わないけど。みんな。

下見に来たとき、大概びっくりしてたもんなあ。

 

T君だけは親切丁寧に対応してくれた。

おかげで希望通りの外柵ができました。

まだ20代のT君。老人と猿にしか会えない山暮らしの私に、若いT君はキラキラ輝く星の王子様でした。

目の保養をさせていただきました。

 

今回、ひげでぶは一切関わらず。

T君に会ったのも工事初日の5日(火)が初めて。

値段の交渉から「ここをこうしたいああしたい」、なんやらかんやら、全部私がやったです。

 

だから余計感慨深いものがあるです。

逢えなくなって寂しくなるですよ。

本当に色々とありがとうございました。

 

あ、担当者が若い兄ちゃんだったかからこの工務店さんに決めたんじゃないですよ。

 

(顧問・記)

<<back|<123456789>|next>>
pagetop