August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

崖の補修工事第二弾

前回やり残してた崖の補修工事。

暑くなる前にと午前7時半、工事開始。

 

20180813-1.jpg

 

午前9時半、工事完了!

 

20180813-2.jpg

 

途中 土嚢が足りなくなったので、土嚢作って軽トラで運搬。

ほんと、役に立つ軽トラ様々です。

 

(顧問・記)

1ヶ月経って建った!

母屋の柱が今日、ようやく復旧!

 

工務店の会長自らやってくれた。

20180806-1.jpg

 

20cm角の、3階までの通し柱。

折れた部分を取り除いて新しい柱を接合。

 

20180806-2.jpg

 

この通し柱、既存のは杉だけど今回のは檜だそう。

「杉より強いから」、と工務店の会長。

 

しっかり木目が詰まってて、色を塗るのが勿体ないような美しさ。

(既存は黄色の柿渋塗料を塗ってる)

このままでもいいような。

 

筋交いも復旧。一本足らんけど。

 

犬部屋と、一本足らん筋交いは盆明けの工事になるそうな。

でも母屋の柱が復旧しただけでも一安心。

 

家を建てた時の電気工事をしてくれたお兄ちゃん(16年も経ってるからもうお兄ちゃんじゃないけど)も来てくれて、浄化槽の電源を復旧してくれた。

 

一歩一歩、復旧に向けて前進してる。

 

被災から今日でもう1ヶ月経つんだあ。

長かったような早かったような。

 

(顧問・記)

今日は一人で

今日はひげでぶ一人で崖の補修作業。

 

復旧した崖の下から湧水が流れ出してて、下部が崩れそうなので(というか、見ての通り、崩れかけてる)昨日同僚と作った土嚢とセメントで補修工事。

 

20180805-1.jpg

 

手前も土嚢を積んで、今日はここまで。

 

20180805-2.jpg

 

あともう一か所崩れかけてる箇所がある。

そこは次回の休みのときのお楽しみ。

じゃないや、お仕事。

 

午前中はドッグランの、お犬様が激しく壊しまくってるラティスの柵の取り換え工事したので、昼食後の午後1時から3時間。

これだけの仕事でも汗だくだく。

休憩取りながら休み休みしたけど、疲労困憊。

 

私は私で、今夏は草刈りどころじゃないひげでぶに代わって草刈り。

昨日からずっと草刈り。

 

二人ともぐったり疲労困憊。

 

そしてそして、草刈りにも軽トラが大活躍!

刈った草を掃き集めて軽トラに乗せ、一か所に運ぶとあっという間に片付いた。

 

ほんと、大助かりです。

 

(顧問・記)

 

おかげで土嚢が沢山作れました

今日もまた福岡県警時代の同僚の方2名、わざわざ来てくださって土嚢作り。

 

真ん中の太ったオジサンがひげでぶ。

 

20180804-2.jpg

 

一番上の敷地の土砂崩れ、改めて見ると酷い。

崖の上から崩れてるので土砂の量、結構大量。

 

県警元同僚のお二人、車で片道約2時間もかかる遠方から駆けつけてくださる。

毎週のように来てくださる。

そして炎天下での肉体労働。

申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

20180804.jpg

 

そして軽トラが大活躍!

大量の土嚢袋を一度に運べる。

一輪車だと何十回往復しないといけないか。

 

助かります。

 

(顧問・記)

涙・涙

北九州の、私の友人が、お見舞いいーーっぱい持ってやってきてくれた!

 

15年ぶりの再会。

涙が出たです。

 

お見舞い、こんなにたくさん。

 

20180803-1.jpg

 

もう。いいのに。

気持ちだけで十分なのに。

遠いのにわざわざ。。。

 

「懐かしいやろ?」と、東筑軒の折尾名物『かしわめし弁当』も!

 

20180803-2.jpg

 

うんうん、懐かしすぎるけど、こんな遠くまでわざわざ来てくれんでもいいのに。。涙

 

今の状況の話だけですぐに帰ってしまった友人。

もっともっと積もる話したかった。

15年間の話、聞きたかった。

落ち着いたらまたゆっくり話そ。

 

ありがとうありがとうm(_ _)m

涙・涙

 

(顧問・記)

11月ですと!

先週、別の井戸屋さんに電話で見積依頼。

今日ようやく見に来る。

 

工務店紹介の井戸屋さんは盆過ぎ(井戸掘り工事)になるというので別の井戸屋さんを探したんだけど。。。

 

な、な、なんと!

今日来た井戸屋さんは11月になるというではないか!

 

なんでそんなに繁盛しとるん・・・

井戸屋さんが減ってるという現況あるにしても、需要、そんなにあるん・・・・

 

見積りは後日なのでまだ判断できないけど、金額が安かったら11月まで待つ、か。

あと3ヶ月水ナシ生活。

うん、大丈夫やろ。

 

んなわけないやん!!

 

先週土曜日、台風対策に来てくれたひげでぶの県警元同僚。

私が虫刺されを掻きむしって足から血を流してるのを見て、昨日、自家製の薬を持って来てくれた!

 

20180801.jpg

 

ビワの葉と焼酎で作ったそう。

 

これがまたよおぉ効くとです。

ちょんちょんと数滴つけるだけで、掻きむしってただれた皮膚にカサブタができて治まってくるし、かゆみも消えるし。

ムヒなんかよりよっぽど効きます。

 

ありがとうございました!m(_ _)m

 

(顧問・記)

軽トラの威力!

昨日お見舞いでいただいた軽トラ、

早速使わせていただきました。

 

台風12号が襲ってくる前に一作業。

一番上の土地、ここも土砂崩れを起こしてて、

ここの土で土嚢を作り、

 

20180729-1.jpg

 

軽トラに積み込んで、

ぐぃ〜んと町道下って家裏の土砂崩れ現場へ。

 

20180729-2.jpg

 

水が湧き出だしてる箇所に土嚢を。

 

軽トラがあると便利便利、もんのすごおおく便利。

今までだったら一回一回一輪車で往復しなきゃいけない。

(昨日の県警元同僚の方にこれをさせてしまったです(_ _;)

 

時間と労力の短縮、計り知れず。

 

ありがとうです、Yさん!!

 

そしてそして、作業してると、

福岡県警の後輩が水を持ってやってきてくださった。

 

20180729-3.jpg

 

福岡県警の先輩、同期、後輩、の皆様、

本当にありがとうございます。m(_ _)m

 

(顧問・記)

(゚д゚)!!!!!!

台風対策をしてくださった同僚が帰ったあと、今度は県警の別の元同僚が、

 

な、な、なんと!

 

お見舞いに軽トラを『買って』持ってきてくださった!!!

 

20180728-4.jpg

 

20180728-5.jpg

 

被災後すぐに駆け付けて下さり、その時に「お見舞いに軽トラ用意するけん、買ったらいけんよ!」と言って帰った。

本当に軽トラをくださるなんて・・・・・

 

どうしてここまでしてくださるんだろう。本当に。

なんでなんで??

 

神様からのプレゼントのよう。

 

有難く使わせていただきます。

心より、心より、お礼を申し上げます。

Yさん!!

 

(顧問・記)

今日もまた救いの手が

今日もまた福岡県警の元同僚が二人やってきて、明日からの台風対策をやってくださった。

肝心のひげでぶは仕事でいない。

 

雨が敷地に流れ込まないよう、大量の土嚢を作って運んで並べてくれた。

 

それが終わると今度は排水対策。

ユンボで固めた法面、雨が降ると水が集まる箇所があり、そのままにしとくと崩れる恐れあり。

数日前にひげでぶが設置した排水塩ビ管の先にホースを繋いで雨水を側溝まで流すようにしてくれた。

 

20180728-1.jpg

 

20180728-2.jpg

 

20180728-3.jpg

 

汗びっしょりになって。

土管をきれいにして水が使えるようにしてくれた同僚は昨日に続いて二日連日の重労働。

それも遠方から。

なんでこんなにまでしてくださるのだろう。

申し訳なさでいっぱいです。m(_ _)m

 

(顧問・記)

湧き水!土管の水!

一昨日来てくれた福岡県警の同僚。

土管の湧き水利用作戦遂行のため、準備万端整えてやってきてくれた。

 

まずは中に溜まってる大量の砂撤去。

土管の中に入り、シャベルで一回一回すくい出していく。

↓これはひげでぶ。

20180727-1.jpg

 

交代ごうたい、中に入ってひたすらシャベルで井戸さらいならぬ土管さらい。

 

20180727-2.jpg

 

20180727-3.jpg

 

最初は胸から上見えてた姿が、砂を出していくうち、見えなくなる。

そのくらい大量の砂かき出し作業を約2時間近く。

 

昼食後、見に行くと、水が澄んでる!

 

水中ポンプ(同僚が買って持ってきてくれた!)に、長い長いホース(これも買ってきてくれた!)と延長コードを付け、いざ土管へ投下!

 

20180727-4.jpg

 

延長コードを犬部屋の外壁にあるコンセントに差し込むと、

 

出た! 水出た!

 

20180727-5.jpg

 

水道並みの勢いと量で出てくる!

すごいすごい!

 

この波型スレートの内側に仮住まいのトイレがあるので、ここまで延々とホースとコードを引っ張ってきたというわけ。

 

母屋のトイレはタンクレスなので、水が無いと全く使えなくなる。

なので、仮住まいのトイレがあって助かった。

 

と、書いてて、検索してみたら。

断水・停電でもバケツ1杯(5〜6ℓ)の水を一気に流すと汚物を排出できる、ですと。

そのあと3〜4ℓの水を注いで便器内の水位を通常の高さにしとけ、

とあるので、大量の水が要るし、一度の用足しに2回も流し込まんといけんやん。

やっぱ普通のトイレだな、非常時は。

 

っちうことで!

トイレの水は確保できました!

シェパ山温泉も、もう溝まで行かずに敷地内で入れます!

でっかい容器に溜めてて太陽熱で温めたら冷やっこい思いともおさらば!

ありがとう!ありがとう!

 

炎天下猛暑酷暑の中での作業、申し訳なかったです。

土管の湧き水を利用できたら、と言い出したのは同僚だけど、まさか現実に利用できるようにしてくれるとは。

 

折れそうになってた心が、しゃっきーんと伸びました。

ありがとうございます 感謝感謝です m(_ _)m

 

(顧問・記)

<<back|<12345>|next>>
pagetop