August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

井戸掘削工事完了!

昨日(11月1日)、井戸ポンプ設置完了。

 

井戸ポンプ設置完了!

 

手前が井戸のパイプ、向こうに出てる配管の先は砂取器。

奥さんが美人だからって、をいをい、着工まで長い間待たせたからって、井戸屋さんがサービスで付けてくれましてん♪

 

これにて井戸屋さんの仕事は一件落着!

 

水質検査が残ってるけど、これは今月末。

一ヶ月ほど使って水質が安定してから、とのことで、

井戸屋さんが水を汲みに来て保健所に提出するとのこと。

 

あとは設備屋さんと電気屋さんが来てくれたら水が使えるんだけど、工事は来週になる予定。

 

早く来てくれんかな〜

水はすぐそこまで来てるのに〜

 

(顧問・記)

井戸掘削/機材撤去

井戸工事。

一昨日(25日)昨日(26日)と、二日間洗浄(汲み上げて流す)をし、今日、機材撤去。

 

井戸/機材撤去

 

元のすっきりした更地に戻った。

来週月曜日から水曜日までは他の現場に行くので井戸屋さんお休み。

木曜日に水中ポンプを井戸屋さんが設置し、水道工事と電気工事が入ってようやく水が使える。

 

もうちょいの辛抱だ。

 

が、水無し生活が4カ月も続くとなんだか慣れてきて、「今のままでもいいですけど」っちう気持ちになってる今日この頃であります。

 

(顧問・記)

出たーーーーっ!!!!!

出たですよ、今日! 水!

 

井戸掘削、水が出た!の2

 

勢いよく出る水に、感謝感激雨霰!

 

井戸掘削、水が出た!

 

以前あった同じ場所掘ったんだから出るよとお思いでしょうが、ところがどっこい、

「掘ってみないと分からない」

 

どの井戸屋さんもこう言ってた。

 

というのもこの近辺は水が出ない所らしく、我家が出た(潰れた井戸のことね)ことに不思議がってた。

 

我家の井戸は一発で水が出たんだけど、山道下りてすぐのガソリンスタンドは3ヶ所掘り直してようやく出たんだって。

それと何年か前の大雨の時、どこかのお宅の井戸が水脈が変わって水が出なくなったという話も聞いてたので、自然相手ゆえ、果たして無事に水が出てくれるかどうか、気をもんでおりました。

 

出てくれてよかったぁ ほっ

 

7mで岩盤に突き当たり、それから下はずっと岩盤らしい。

今日の水が出た段階で、「60m掘ってます」、ですと。

掘る作業は明日で終わるらしい。

(まだまだそれ以降の作業が残ってるけど)

 

とにもかくにも水が出て一安心です。

祝詞をあげてくれたKさん、一緒に祈祷してくださった同僚のみなさん、

ありがとうございましたー!!

 

おかげで一発で出ましたよーーっ! 水!!

 

(顧問・記)

慰労会 祝賀会 懇親親睦諸々会

被災してすぐお見舞いをくださったり片付けの手伝いに来てくださった福岡県警時代の同僚6名を我が家にお呼びして、飲めや歌えの大宴会を開催しました。(歌えは無かったですが)

 

着いてすぐ、神道の同僚にお願いして井戸掘削現場で祝詞をあげてもらいました。

(掘削開始初日に井戸屋さんが掘削機の土台に盛り塩をしてましたが、私たちからも土地の神様水の神様に許しを得るためにお神酒と塩でお清めを。)

 

20181020-1.jpg

 

20181020-1-2.jpg

 

彼の祝詞を聞いてると、なぜか涙が出てきて。

今まで地鎮祭などで「プロ」の神主さんの祝詞を聞いても何とも感じなかったのに、こんな経験は初めて。

感動というのか、心が震えた、というのか、言葉では言い表せない、不思議な気持ちからの涙、でした。

 

同僚の方々も一緒に祈願をしてくださったことにも感動しました。

この地に縁も所縁もない方々がこうして。

土地の神様水の神様に私達の思いがぜったいに届いたはず。

これで気の流れを乱すことをお許し下さるはず。

ですよ!神様!

 

それともう一つ、今日の集まりは先月から日程を決めていたのですが、その時点までは井戸工事は11月に入ってからと言われれてました。

先週突然、「(10月)16日から工事に入ります」と井戸屋さんから電話を受けた時、今日の会と重なったことに不思議な縁を感じました。

 

うん、ぜったいうまくいく!

 

感動の後、家に上がってもらってようやく宴の開始。

 

大先輩長老の「冒頭のあいさつ」に全員正座で聞き入り、

 

20181020-2.jpg

 

かんぱーい!

 

20181020-3.jpg

 

(個人情報保護のため顔モザイク処理)

 

ここに居る人たち、ひげでぶも含めて全員刑事さん。(元・現職)

あ、『七人の刑事』だ。ふるっ

 

この後は私も呑みに専念したので写真はここまで。

ビール、ワイン、最後は黒千代香で温めた焼酎をみんなで呑み倒して、大盛り上がり。

 

楽しかったあ

久しぶりに大声で笑ったですよ

 

やっぱ笑うっていいですねぇ

日ごろの心配やストレス、どっか行ったですよ

 

皆様、こんな遠くの山奥までわざわざ来ていただき、本当に本当にありがとうございました。

無事井戸が掘り終え、外柵が完成して全ての工事が終わったら、また皆様と一緒に呑んで笑って祝いたいです。

 

唯一お酒呑まないのにいつも酔っぱらってるような楽しいヤマちゃん、最後まで付き合ってくれてありがとう!

また呑もうね!(ヤマちゃんは呑まないけど。)

 

それと最後にもう一つ。

仕出し屋さんに頼んだ鉢盛や刺身盛りが机上狭しと並んでますが、途中で作って出した『もつ鍋』が引っ張りだこの大人気。

そですか。もつ鍋でしたか。

 

(顧問・記)

井戸掘削工事開始

待ちに待った井戸工事。

ようやく今日から始まった。

 

井戸の場所、色々検討した結果、前あった同じ場所に掘ることに。

 

20181016.jpg

 

今日は機械据え付けのみで、午前中で終了。

 

今月いっぱいかかるそうな。

そんなに長かったかな、井戸掘るの。

 

16年前の家の建設時。

まず水を、ということで家を建てる前に井戸を先に掘ったので私達はまだ前の家。

ゆえにどのくらい(日数)掛ったか全然覚えてない。

 

費用は覚えてる。

ひゃくごじゅうまんえん。

 

なんでひらがなで書くのだ。

150万円。

80m掘って、150万円。

途中岩盤にぶち当たって、150万円。

 

今回はそれよりぐぅーっと高い。(TT)

 

(顧問・記)

壁の塗装工事

今日、田中塗装店さんが、泥を被って汚れて剥げた壁の塗装工事に入りました。

 

一階部分の黒壁んとこ、キレイになりました。

 

 

20180919-1.jpg

 

 

って、田中塗装店って私だけど。

- - - -母屋の外壁と柱は渋柿塗料です。

- - - -建築時、田中塗装店(私達夫婦)が塗りました。

 

ふと思い立ち、一人でしこしこ塗ることに。

上の方は剥げてないし脚立がいるし、ひげでぶにやらせよう。

 

これが塗る前。

 ↓

20180919-3.jpg

 

塗ったあと。

 ↓

20180919-2.jpg

 

薄いの、目立たんようになったでしょ。

私が塗りました。私が。私一人で。

以上。

 

(顧問・記)

我家にもボランティアさんが。

三連休に入り北海道の地震被災地に多くのボランティアが入ったとのニュースが流れてましたが、我家にもボランティアさんが来てくださいました。

 

友人の南畑郵便局長さんが朝倉の局長さんを連れて。

 

折れた柱の薪作りを一緒にしてくださいました。

真ん中、防災服を着てるのが友人の局長さん。

防災士だったんです。

 ↓

20180915-1.jpg

 

おかげで柱すべて薪にすることができました。

四角いのが柱の薪。

 ↓

20180915-3.jpg

 

被災前に確保しててまだ手つかずだった太い雑木の丸太も薪割りしてくださいました。

半分土砂に埋まって泥だらけになってたのを助け出した(?)丸太です。

 ↓

20180915-2.jpg

 

一気に片付いたのと薪の確保、ただただ感謝感謝です。

ありがとうございました。

当分薪に不自由しなさそうです。

 

そうそう、地中に埋まってた柱の土台も一緒に引き上げてくださいました。

  ↓

20180915-4.jpg

 

地中のコンクリ基礎部分をスコップで掘り出し、束石にロープをかけて軽トラで引きずりだしました。

通路の真ん中に残ってたので、無くなって歩きやすくなりました。

 

いつもいつも助けていただいてばかりで。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

(顧問・記)

家屋復旧工事、ようやく2回目。

(工務店)盆前に来て母屋の通し柱と筋交いの途中まで建って、そして今日、その続き。

 

20180907.jpg

 

昼休みで大工さんたちが食事に出かけたスキに撮影。

 

先週の土曜日に来る予定だったのが、雨で今日に延期。

でも今日も雨だけど。

 

前回、盆前というか、8月6日。

一ヶ月経っとうやん。

日にちばっかり経過して少しずつ少しづつ。

 

ぱーっといっぺんに済まんもんやろか。

ぱーっといっぺんに。

 

(顧問・記)

目印が

さっき(午後2時頃)、裏山崖崩れ現場に役場の人2名。

 

20180817-1.jpg

 

帰ったあと見てみると、根が露になってる檜に赤いテープ。

 

20180817-2.jpg

 

テープの檜を数えてみたら、崩れに沿って立ってる12本。

 

伐採してくれるとやろか。

それともただ単に、

「これって危ないよねー」の目印なんだろか。

 

んなこたあなかろ。

伐採の目印だろう。きっと。

 

早い段階から役場に何度も「危険なのですぐに処置を」と言ってるし、

役場から地権者へは既に連絡済み。

私達からも地権者に会って直接言った。

 

伐採してくれたら不安材料一つ解消。

一歩前進。

 

(顧問・記)

土嚢いっぱい!

お盆休みだというのに今日もわざわざ福岡県警土木課土嚢係の方が2名も来て下さり、38℃の猛暑の中、土嚢をいっぱい作ってくださった。

 

作った上に運んで並べて置いて。

雨が敷地に流れ込まないよう町道との境にぐるっと。

 

20180814-1.jpg

 

予備の土嚢。

まだまだ需要あちこちに有り。

 

20180814-2.jpg

 

どうしてここまでして下さるんだろう。

遠いのに。暑いのに。

きつい力仕事なのに。

有難すぎて申し訳なさすぎて。

 

ありがとうございました。m(_ _)m

 

また土嚢作りに来てね (._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

 

(顧問・記)

<<back|<12345>|next>>
pagetop